結婚式において 新郎新婦が打ち合わせなければならないことは かなりの量に登りますが、そのうちの一つに使用するBGM・楽曲の選択があります。
もちろん式場に 入場テーマ曲からBGMまで全てお任せすることもできます。

しかし、結婚式で流すBGMは、結婚式を幸せに演出してくれるものです。
目に見えないものとはいえ、どんな音楽をかけるかで、意外とその場の雰囲気が変わってしまいます。
例えば、クラシカルな厳かな曲調の音楽を流すと、その場がピリリと引き締まり、厳粛な雰囲気作りを行うことができます。
逆に、ポップな音楽を流すと、その場が楽しく明るい空間を演出できます。
式場に選んでもらえば、後に話す場に合わない、白けたような選曲だけにはならずに済みますが、やはり2人似合うBGMがあるはずです。
そうした曲を随所随所に配することで2人らしい結婚式と言えるという意見もまたあります。

例えば、以下は結婚式におけるBGMについての体験談です。
——————–
結婚式は結婚する人もそれを祝う人全員が一体となって盛り上げるは必要があります。
女の最大の幸せは結婚する事ともいわれており、その大切な式をより盛り上げるために結婚式にあった曲を流す必要もあります。
その中で一番感動してしまうシーンは新婦の手紙を読むときであります。
今まで育ててくれた親の感謝の気持ちを手紙にして読む、そんな感動的なシーンをより際立てる曲を紹介したいと思います。

まずは親への感謝の気持ちを素直に表してくれた曲 KOKIAのありがとう という曲です。
シンプルに親への感謝を伝えられる歌詞はこの曲以上の物はないです。歌詞サイトを参考にしてみてください。
次にKiroroの未来へです。それは両親に対してのメッセージでもあります。
これからは二人で一緒に新しい未来に向かって進んでいく両親もほろりと泣いてしまうそんな曲であります。
そして最後に個人的にお勧めな曲 レミオロメンの3月9日です。
卒業式のイメージがありますが元々友人の結婚式を祝うための曲なので歌詞をよく聞いてみると胸が感動で一杯になると思います。
———————

ちなみに、式場に結婚式のBGM曲を選んでもらう際の私の経験談ですが、楽曲選択は自由ではありません。
音響設備を利用する料金の支払いはもちろんですが、何タイプか選曲のパターンがあり、
一切お任せか式場用意の楽曲、音源を使う場合は安く、こちらが音源を持ち込むと高くなる傾向があります。
また音源についても事前にこちらでまとめてCDなどに焼いて持ち込む必要もあり、式の準備で忙しい中、追加での仕事も出てきます。

こうした背景を踏まえながら式での音楽は考えなくてはなりません。
どの方法が良いとか悪いとかではなく、どんな結婚式にしたいかによって変わってくると思いますので、
是非自分たちの結婚式のスタイルに合わせて音楽も検討してみてください。

余談になりますが、あの有名なワーグナーやメンデルスゾーンの結婚行進曲も、もとは当然クラシックなのですが、
現在はポップ、テクノ、ダンスミュージックなど様々な曲調にアレンジされたCDなども出ています。
伝統的な結婚行進曲を使うのは良いですし、現代風にアレンジした曲調はおしゃれに演出することもできます。
せっかくの結婚式、ぜひ音楽にもこだわってみてください。

超SEO対策 SEOアクセスアップ相互リンク集 FXシストレ比較 内職 アルバイト お小遣いNET お宝相互リンク